規制がより厳しくなって、また日本が遠くに

8月18日(火) 感染者数:5,349人(前日比134人増)
ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)から149日目

新型コロナウイルスの感染者数が増え続け、10日ほど前に全てのビーチや公園を閉鎖したばかりのオアフ島。それでも感染者数は増え続けています。

本日午後、イゲ知事とコールドウェル市長の合同記者会で新たな規制が発表されました。概要は下記の通りです。

・屋外および屋内での集会は5人まで(レストラン、美術館、劇場を含む)
・屋外および屋内のショッピングセンターではマスク着用
・宗教活動集会での唱歌および管楽器演奏の禁止
・テレワークの推奨、オフィス内ランチルーム等の供用エリアの閉鎖
・ビーチ、公園、バーは引き続き閉鎖

レストラン、小売店、宗教団体、理容室や美容室、フィットネスセンター等は引き続き営業します。

今まで10人までの集会が許可されていたのですが、これからは半分の5人までとなってしまいました。単体でも5人を超える家族は多いと思うのですが、そういう家族は一緒に外出できません。

今日の記者会見では、完全ロックダウン(都市封鎖)になるのではないかと予想されていたので、少し安心した人も多かったようです。

また、事前検査で新型コロナ陰性が証明された渡航者に対する14日間の自己検疫免除の実施が9月1日に予定されていましたが、10月1日以降に延期になることが発表されました。今回の自己検疫免除は、実質的にはアメリカ本土からの渡航者向けで、この免除がうまくいくと日本からの渡航者にも活路が開かれる予定でしたが、またこれで遠くなりました。

たぶん2020年中は、日本はもちろんハワイ州外にはどこにも行けないような気がします。冬は新型コロナウイルスの蔓延が広まりやすいと聞いているので、いろいろなことが落ち着くのは2021年の春頃でしょうか。その頃までにはワクチンの開発ももう少し目処が立っているかもしれません。

ただ、あるアンケートによると、ワクチンが開発された暁に実際にワクチンを受けることを希望しているアメリカ人は50%程度だとか。

アメリカは自由主義の国なので、ワクチン接種でさえ強制することはできません。確かにワクチンを受けるかどうかを決めるのは本人の自由かもしれませんが、その自由が人の生死に関わることとなると、どこまで自由が許されていいのでしょうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s