儚いってこういうこと?

今朝ジムから戻って、テレビをつけたら、いきなりパリのノートルダム大聖堂が火に包まれていました。驚愕というのは、こういうことでしょうか。850年以上も前に200年の歳月をかけて建てられた石造りの大聖堂が燃えているなんて信じられませんでした。まさか、尖塔と屋根が崩落するのを目の当たりにするとは。

パリに引越しをして、初めてノートルダム大聖堂を見た時は、あまりの大きさに驚きながら「ここが、せむし男が住んでいたと大聖堂なんだ」と感動しました。その後、バスティーユのアパルトマンから、ちょっと長めの散歩で出かけたり、役所に行った後に立ち寄ったりと、身近な大聖堂でもありました。その大聖堂が燃えているのを見ていると、なぜだか涙ぐんでしまい、自分でもびっくりしました。今日13時までに仕上げないといけない翻訳の仕事もあったのですが、全く何も手につかず、テレビに釘付けの月曜日の朝となってしまいました。

尖塔と屋根は崩落しましたが、大聖堂の前面(ファサード)と鐘楼(ベルタワー)は焼けずに残り、無事持ち出された絵画や彫像といった歴史的価値のある遺物もあるようです。マクロン大統領は、現場で「フランス国民はノートルダム大聖堂の再建を望んでいます。ノートルダム大聖堂は歴史的価値のある建物です。ノートルダム大聖堂を再建するのは、我々の宿命です」と声明を発表しました。

今となっては、850年以上前に建てられたノートルダムを訪れることができたことに感謝しながら、再建の日を待ちたいと思います。

人の人生の10人分以上の長きに渡ってパリの中心に建っていた建造物が、いとも簡単に燃える様子をテレビで見ていたら、ふと「儚い」という言葉が思い浮かびました。この世の中には、常住や永遠などどいうものはなく、すべて無常なのですね。

人生も同じように儚くて無常。だとしたら、何をしようか、何から手をつけようか。しばらく旅に出ていないこともあってか、無性に旅に出たくなりました。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s