規制がより厳しくなって、また日本が遠くに

8月18日(火) 感染者数:5,349人(前日比134人増)
ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)から149日目

新型コロナウイルスの感染者数が増え続け、10日ほど前に全てのビーチや公園を閉鎖したばかりのオアフ島。それでも感染者数は増え続けています。

本日午後、イゲ知事とコールドウェル市長の合同記者会で新たな規制が発表されました。概要は下記の通りです。

・屋外および屋内での集会は5人まで(レストラン、美術館、劇場を含む)
・屋外および屋内のショッピングセンターではマスク着用
・宗教活動集会での唱歌および管楽器演奏の禁止
・テレワークの推奨、オフィス内ランチルーム等の供用エリアの閉鎖
・ビーチ、公園、バーは引き続き閉鎖

レストラン、小売店、宗教団体、理容室や美容室、フィットネスセンター等は引き続き営業します。

今まで10人までの集会が許可されていたのですが、これからは半分の5人までとなってしまいました。単体でも5人を超える家族は多いと思うのですが、そういう家族は一緒に外出できません。

今日の記者会見では、完全ロックダウン(都市封鎖)になるのではないかと予想されていたので、少し安心した人も多かったようです。

また、事前検査で新型コロナ陰性が証明された渡航者に対する14日間の自己検疫免除の実施が9月1日に予定されていましたが、10月1日以降に延期になることが発表されました。今回の自己検疫免除は、実質的にはアメリカ本土からの渡航者向けで、この免除がうまくいくと日本からの渡航者にも活路が開かれる予定でしたが、またこれで遠くなりました。

たぶん2020年中は、日本はもちろんハワイ州外にはどこにも行けないような気がします。冬は新型コロナウイルスの蔓延が広まりやすいと聞いているので、いろいろなことが落ち着くのは2021年の春頃でしょうか。その頃までにはワクチンの開発ももう少し目処が立っているかもしれません。

ただ、あるアンケートによると、ワクチンが開発された暁に実際にワクチンを受けることを希望しているアメリカ人は50%程度だとか。

アメリカは自由主義の国なので、ワクチン接種でさえ強制することはできません。確かにワクチンを受けるかどうかを決めるのは本人の自由かもしれませんが、その自由が人の生死に関わることとなると、どこまで自由が許されていいのでしょうか。

9月1日って

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)113日目:7月13日(月)
感染者数:1,243人(前日比23人増)

現在、州外からハワイへ渡航する人には14日間の自己隔離が義務付けられています。この義務は、観光客にもハワイ在住者にも課せられています。

8月1日から、ハワイへの渡航72時間前にPCR検査を受けて陰性であれば、ハワイでの14日間の自己隔離を免除されることになっていました。

つまり、日本からの旅行者も渡航72時間前にPCR検査を受けて陰性であれば14日間の自己隔離を免除されるということです。ただ、アメリカの指定するPCR検査を渡航72時間前に受けて結果を受け取るのは限りなく不可能に近いという事で、航空会社は直行便を運行しませんし、旅行会社もツアーを催行する予定はありません。

どちらかというと、アメリカ本土からの旅行者向けのプログラムなのですが、ハワイ開国への第一歩です。このプログラムがうまくいけば、第二歩目は日本やオーストラリアおよび韓国へのプログラムになるはずでした。

が、本日午後にイゲ知事より新型コロナウイルス感染者数が上昇傾向にあるため、プログラム開始を9月1日に延期すると発表がありました。

9月ということは、日本の夏休みも終わってしまっています。今年のハワイは、観光客のいない暑い夏になりそうです。

ハワイの開国はいつ?

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)110日目:7月10日(金)
感染者数:1,158人(前日比28人増) 

3月23日から始まった新型コロナウイルス拡散防止のためのロックダウンも既に110日目を迎えました。

飲食店内での食事が禁止となり、ハワイ州外からの渡航者には全員14日間の自己隔離の義務が課せられ、ワイキキから日本や米国本土からの観光客が姿を消し、ハワイ州内でも他の島への渡航は禁止となりという、あれよあれよという間の完全ロックダウンでした。

が、110日目ともなると、本当に開国の日はやってくるのかと心配になってきます。

今のところ、8月1日より米国本土からの旅行者は渡航72時間以内にPCR検査を受け、新型コロナウイルスの陰性証明書提示を条件に14日間の自己隔離が免除となる予定です。国外旅行ができず、コロナ感染者が増えているフロリダ州やカリフォルニア州には行きづらいので、バケーションでハワイを訪れる米国民は多くなりそうです。

そしてその後、日本をはじめとする諸外国との間の渡航規制緩和が始まることになるのではないかと思います。

いつをもって、ハワイの開国、都市封鎖解除とするのがいいのかはわかりませんが、このブログの都市封鎖シリーズは、とりあえず日本との渡航規制緩和が始まるまでは続けようかなと思います。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)44日目:Safer at Home

都市封鎖44日目:5月5日(火) 感染者数:625人(前日比4人増)

そういえば、今日は子供の日。日本と時差があるので、厳密には昨日ですね。ちょうどゴールデンウィークも終盤ですが、今年は世界中の人が自宅で過ごすゴールデンウィークとなってしまいました。ワイキキもゴーストタウンのような状態が続いています。

今日、ハワイ州知事から、今後のスローガンの発表がありました。今までの「Stay at Home」から「Safer at Home」に。

つまりは、厳しい規制の下、これからはビジネスも少しずつオープンして、外出自粛も緩和していきますので、少しなら外出もいいですが、やっぱり自宅滞在が安全ですよってことでしょうか。ホノルル市とハワイ州の都市封鎖は、かなり慌ただしく決行され、あっという間に鎖国状態になりましたが、解除は段階を踏んで少しずつになるのでしょうね。まずは、各島の中で、そして州の中で島々の行き来を自由にする。次は、メインランドからの旅行者の受け入れ、そして最後に日本をはじめとする海外からの旅行者の受け入れになるのではないかと思います。ただ、それまでハワイ州経済がもちこたえることができるのか、そして州民の生活が破綻しないのかが心配です。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)14日目:来週は

都市封鎖14日目:4月5日(日) 感染者数:371人(前日比20人増)

ホノルル市でのロックダウンが始まってから、2週間が経ちました。1週間目はまだまだ仕事も忙しく、あっという間に過ぎてしまいましたが、2週間目の先週から、やっと新しいパターンの生活にも少しずつ慣れてきたような気がします。

ジムの代わりに、毎朝のウォーキングも続いています。少し冷んやりする朝の空気を吸って、鳥の声を聞きながらのウォーキングはなかなか気持ちがいいです。車が少ないので、道の真ん中で写真を撮ったりもしています。

仕事も落ち着いてきたというか、流石にだんだんとなくなってきたので、今週はそろそろ一部失業保険や国からの援助金の手続きをしようかと思っています。知人や友人から聞くところによると、かなり時間と手間がかかるようですが、今まで一生懸命働いて税金も納めてきたので、この際ダメ元で申し込んでみようと思います。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)8日目:今週の目標

都市封鎖8日目:3月30日(月) 感染者数:204人(前日比29人増)

あっという間に都市封鎖第2週目に突入しました。

先週は、まだまだ仕事もある中、なんだかんだと慣れないこともあったり、ねこの里親になったり、パートナーが帰国したと思ったら14日間の隔離生活に入ったりと、バタバタしていたので、自分の時間がほとんどなかったように思います。

以前は毎朝早朝にジムに行っていたのですが、今はジムに行くこともできません。これではいけないと、本日から毎朝ウォーキングすることにしました。目標は「毎日違った道を30分以上歩く!」です。近所と言えど、ほとんど歩いたことがないので、ご近所さん探索が楽しみです。