ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)94日目:田中ラーメン&居酒屋

都市封鎖94日目:6月24日(水) 感染者数:835人(前日比16人増)

シカゴ在住時に「田中さん」から日本のラーメンの作り方を教えてもらったティナ・ウォングは、2017年にシカゴで一号店をオープン、その後も順調にジョージア州やテキサス州に店をオープン。店名は師匠に敬意を表して「田中ラーメン」としました。

大学時代を過ごしたハワイには3月に新店をオープンする予定でしたが、突然のコロナ禍でレストラン営業はできず、お持ち帰りのみの営業。そしてレストラン内での食事が解禁となった6月5日、やっとレストランとしてオープンすることができました。

オープンに先立ち、Zoomでの試食会にも参加しました。その時の様子は、こちらからどうぞ。でも、やはりレストランで出来立てのお料理、その中でも看板料理のラーメンを食べたいと思い、カポレイ・マーケットプレイスにあるハワイ第一号店「田中ラーメン&居酒屋」に行ってきました。

店内には、左右に個別テーブル、真ん中には大きな共用テーブルがあります。もちろんソーシャルディスタンシングは守られていて、テーブルの使用は十分な距離を置き、共用テーブルも使用できるのは1つのグループのみです。

前菜にハワイ限定メニューのSoft Shell Crab Bunを注文しました。ソフトシェルクラブは脱皮直後の蟹で殻が柔らかいので、殻ごとそのまま食べることができます。ソフトシェルクラブの唐揚げを、肉まんの皮で包んだお料理は、まず見た目がゴージャスでインスタ映えします。見かけだけでなく、ソフトシェルクラブの味噌でしょうか、ちょっと苦味があって、思わず「生ビール、一杯!」と言いたくなるお料理です。しっかりと味のついた唐揚げなので、このまま食べるのがおすすめです。

もう一つの注文した前菜はTempura Brussel Sprouts with White Truffle Oil。芽キャベツはローストすることが多いのですが、天ぷらにしたアイデアが素晴らしい!ちょっと厚めの衣に白トリュフのオイルが味わいを広げています。

メインは豚骨出汁のTanaka Classicです。チャーシューにキクラゲ、スパイシーなモヤシ、ネギと味玉、そしてガーリックオイルと揚げた玉ねぎが入っています。少し太めの麺は、アメリカ本土の製麺所に特別注文した麺を使用しています。豚骨を8〜10時間ほど煮込んだスープはしつこくなく、麺も茹ですぎず、日本で言うところの「普通の硬さ」でちょうどいい感じ。麺は細麺を選ぶこともできます。日本の味の味玉は、ハワイの人たちに大人気で追加注文する人も多いそうです。

最近のトレンドで、ベジタリアン用ラーメンもありました。こちらはケールが入ったグルテンフリーの麺なので、少し柔らかめで春雨のような食感でした。出汁は椎茸と昆布を使用して、あっさりしたスープです。

こういう本格的日本のラーメンをハワイでも食べることができるようになってきて、嬉しい限りです。9月にはアラモアナ ・センターに、年末にはパールリッジ・センターに出店予定なので、ますます行きやすくなりそうです。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)75日目:ほぼ3ヶ月ぶりの外食

都市封鎖75日目:6月5日(金) 感染者数:664人(前日比9人増)

とうとうホノルルのレストラン内で食事のできる日がやってきました。長かった〜。3月20日にレストランでの食事禁止令が出ましたが、その前からしばらくレストランには訪れていなかったので、ほぼ3ヶ月ぶりの外食となりました。

ダメ元を承知で、いつもお仕事とお出かけでお忙しそうなChiyoさんに声をかけたら、「大丈夫ですよ〜」ということで、ダウンタウンに繰り出しました。

 

ホテルストリートの人気レストランFêteDownbeatは、既にホノルル市から許可を取得しているようで、歩道にテーブルを出していました。とてもお洒落な雰囲気を醸し出しています。

 

車も少ないですし、夕方は涼しくなるので、アウトドアで食事ができるのは気持ちがいいです。

 

が、あまりアウトドア派ではない私たちが選んだのは、Lucky Bellyでした。私は、麺類はテイクアウトよりもレストランで食べる派なので、レストラン禁止令が出てからは家でインスタントラーメンしか食べていませんでした。お洒落なChiyoさんに、ラーメンで大丈夫かなと恐る恐る聞いてみたら、Chiyoさんも同意見ということで、すぐに決まりました。あ〜、よかった。

 

まずはカクテルから。ここは、定番カクテルの他にも季節によって変わるカクテルメニューもあって、ドリンクも充実しています。私が注文したのは、名前も素敵なGame Changer。アルコールは結構高めのように思いましたが、ジン、日本酒、リレブラン、アロエをベースにしたシャローにタイムとミントが入った、夏にぴったりのさっぱり系のカクテルでした。

 

お腹が減っていたことと、最近野菜料理が多かったので、ガッツリ食べたいと思い、ラーメンはお肉たっぷりのビースト・ボウル(野獣の丼)にしました。牛の胸肉、ショートリブ、そしてオックステイルのワンタンと肉好きにはたまらないラーメンです。延びたりひっついたりせずに程よく茹で上げられた麺と、熱過ぎることなくちょうど食べやすい温度のスープのコンビネーション。これは、やはりレストランでしか味わえない贅沢ですよね。

この後、Chiyosanと夜のダウンタウンを少し歩いて、たわいもないことに大笑い。

 

最後はChiyoさんの提案で、手作りの個性派アイスクリームで有名なWing Icecream Parlorに行ってきました。噂には聞いていましたが、行ったことがなかったWingは、チャイナタウンの端っこの方にあり、玄関も小さいので見逃してしまいそうなお店でした。

 

Chiyoさん曰く、「いつもよりバラエティが少ない」とのことでしたが、迷いに迷った挙句、「Kurosawa」と名付けられた抹茶とイチゴの入ったバニラアイスクリームにしました。抹茶はパウダーではなく、チョコレートを使っているようで深い味わいです。フレッシュのイチゴと妙にピッタリで超満足なアイスクリームでした。他にも、いろいろと不思議な素材を組み合わせたアイスクリームがあったので、是非また足を運んでみたいと思います。

その後、家に帰ると午後10時を過ぎていました。楽しい時間は、あっという間に過ぎるようです。

食事に行く前には、久しぶりにいそいそとお化粧をしたり、何を着ようかと迷ったりと楽しい時間。もちろんカクテルもラーメンもアイスクリームも美味しく充実した夜でした。

そして、なによりも友人と一緒に話しをしながらゆっくりと過ごすという、今まで普通のことだった食事の時間が、いかに貴重な時間で、人が人らしく生きていくには必要な時間であるのかをひしひしと感じた夜でした。