規制がより厳しくなって、また日本が遠くに

8月18日(火) 感染者数:5,349人(前日比134人増)
ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)から149日目

新型コロナウイルスの感染者数が増え続け、10日ほど前に全てのビーチや公園を閉鎖したばかりのオアフ島。それでも感染者数は増え続けています。

本日午後、イゲ知事とコールドウェル市長の合同記者会で新たな規制が発表されました。概要は下記の通りです。

・屋外および屋内での集会は5人まで(レストラン、美術館、劇場を含む)
・屋外および屋内のショッピングセンターではマスク着用
・宗教活動集会での唱歌および管楽器演奏の禁止
・テレワークの推奨、オフィス内ランチルーム等の供用エリアの閉鎖
・ビーチ、公園、バーは引き続き閉鎖

レストラン、小売店、宗教団体、理容室や美容室、フィットネスセンター等は引き続き営業します。

今まで10人までの集会が許可されていたのですが、これからは半分の5人までとなってしまいました。単体でも5人を超える家族は多いと思うのですが、そういう家族は一緒に外出できません。

今日の記者会見では、完全ロックダウン(都市封鎖)になるのではないかと予想されていたので、少し安心した人も多かったようです。

また、事前検査で新型コロナ陰性が証明された渡航者に対する14日間の自己検疫免除の実施が9月1日に予定されていましたが、10月1日以降に延期になることが発表されました。今回の自己検疫免除は、実質的にはアメリカ本土からの渡航者向けで、この免除がうまくいくと日本からの渡航者にも活路が開かれる予定でしたが、またこれで遠くなりました。

たぶん2020年中は、日本はもちろんハワイ州外にはどこにも行けないような気がします。冬は新型コロナウイルスの蔓延が広まりやすいと聞いているので、いろいろなことが落ち着くのは2021年の春頃でしょうか。その頃までにはワクチンの開発ももう少し目処が立っているかもしれません。

ただ、あるアンケートによると、ワクチンが開発された暁に実際にワクチンを受けることを希望しているアメリカ人は50%程度だとか。

アメリカは自由主義の国なので、ワクチン接種でさえ強制することはできません。確かにワクチンを受けるかどうかを決めるのは本人の自由かもしれませんが、その自由が人の生死に関わることとなると、どこまで自由が許されていいのでしょうか。

初めてのルビーチョコレート

7月31日(金) 累計感染者数:2,111人*(前日比123人増) *データ調整済
ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)から131日目

6月から予約制でオープンしていたアラモアナセンターニーマン・マーカス ハワイが、やっと完全オープンしました。

デパートには予約など取ることなくブラッと入って、商品を眺めたり手に取ったりしたいですよね。あ、今の状況だとあまり商品を触ったりするのはよくないか。

3階のエピキュア(グルメ)コーナーには、ハワイではここだけでしか扱っていないような商品がたくさんあるので要チェックです。

今日は、ニューヨーク発のグルメチョコレートブランド「フレアーショコラティエ(FLAIR Chocolatier)」の「ホノルル(Honolulu)」と「東京(Tokyo)」をゲット。

「ホノルル(Honolulu)」は、ベルギー産ダークチョコにドライマンゴーとドライパイナップルそしてマカダミアナッツを使用。柔らかいマンゴーとパイナップルの甘み、そしてカリッとした歯応えのマカダミアナッツのバランスが絶妙です。ダークチョコにも負けないマカダミアナッツの存在感がいい感じを出しています。

ピンク色の「東京(Tokyo)」は、着色したホワイトチョコではなく、貴重なルビーチョコレートを使っています。ルビーカカオを原料とするルビーチョコレートは、スイスのバリー・カレボー社によって開発されました。私はこのルビーチョコレートを初めて食べたのですが、色はピンク色、味はベリーのような酸味がありました。そのルビーチョコレートに玄米の歯応えにほんの少しの抹茶味を加えた「東京(Tokyo)」は、お味も見た目も素敵なチョコレートです。

ハワイではニーマンマーカスでしか買えないチョコレート。ハワイのお土産に日本に持って行ったら喜んでもらえそうですが、次回日本に行けるのはいつの日になるやら。

ニーマン・マーカス ハワイ  Neiman Marcus Honolulu
住所:1450 Ala Moana Boulevard, Honolulu, HI 96814
電話番号:808-951-8887
URL: http://jp.neimanmarcushawaii.com
Instagram: https://www.instagram.com/neimanmarcushawaii/
Facebook: https://www.facebook.com/NeimanMarcusHawaiiJP

ファーマーズマーケット遍歴

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)111日目:7月11日(土)
感染者数:1,200人(前日比42人増) 

私のハワイでのファーマーズマーケット歴は結構長いです。

最初に行ったのは、20年以上前に住んでいたノースショアのサンセットビーチ・エレメンタリースクールの駐車場でクラフトフェアとして始まったファーマーズマーケットでした。

ホノルルに引越してからは、カピオラニ・コミュニティ・カレッジ(KCC)のファーマーズマーケットに行っていたのですが、観光客も含め来場者が多くなったので足が遠のいてしまいました。

そのほかにも、静かな住宅地にあるマノア・マーケットプレイスのファーマーズマーケットは落ち着いた雰囲気が好きでよく行きました。ホノルル市が主催しているピープルズ・オープン・マーケットに行ったり、ワイキキのハイアットリージェンシーのファーマーズマーケットにも行きました。

最近ではカカアコのファーマーズマーケットにも行っていたのですが、KCCのファーマーズマーケット閉鎖の影響もあって、ここも来場者が増えました。その上、新型コロナウイルス感染防止目的のソーシャル・ディスタンシングを取るために、テント内への入場制限があったりして、炎天下での長い待ち時間が辛くなってきました。

なので、今はパールリッジセンターのファーマーズマーケットに行っています。ホノルルからは車で15分ほどかかりますが、エアコンの効いた車の中で快適な音楽を聴きながらドライブすると、ちっとも苦になりません。

ここはマノア・マーケットプレイスと同じで、新鮮な野菜や果物を売る店が多く、ローカル色の濃いファーマーズマーケットです。

そして、今週からはザ・ピッグ&ザ・レディーのブースも出ました。今では、チャイナタウンとカカアコに店を構えるザ・ピッグ&ザ・レディーですが、元々はファーマーズマーケットで店を出していました。「初心忘れるべからず」ということなのか、ザ・ピッグ&ザ・レディーは今でもホノルルとカイルアのファーマーズマーケットで店を出しています。

私は、普段はファーマーズマーケットでは野菜や果物を買うだけなのですが、今日は友人と一緒にザ・ピッグ&ザ・レディーのBun Bo Nam Boを食べました。炒めた牛肉とたっぷりの新鮮な野菜がヴェルミチェッリという細い麺の上にのっています。

出来立てのお料理を屋外で気軽に食べることができて気持ちよかったです。

流れ流れてきましたが、これからしばらくはパールリッジセンターのファーマーズマーケットに通うことになりそうです。

マンゴーの季節到来、チャイナタウンにて

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)106日目:7月6日(月)
感染者数:1,030人(前日比7人増) 

今日は、お友達でブロガーのChihyoさんとお買い物したり、ランチを食べたり、お茶したりと、ホノルルのチャイナタウンをウロウロしてきました。

ホノルルのチャイナタウンはそんなに大きくもなく、歩いて回るのにちょうどいいサイズです。小さな個性的なレストランの他にも、魚や肉、野菜や果物を売っている店もたくさんあります。ダウンタウンにすぐ隣接しているのですが、何か用事がないとなかなか足を踏み入れない場所でもあります。

今日は、Chiyoさんが行きつけの果物屋さん「ABC Market」に連れて行ってもらいました。

まずは、パパイヤを選びます。ハワイ島ヒロ産のパパイヤが1パウンド(約450グラム)79セント?! ファーマーズマーケットやスーパーでは安い時で99セントなので格安です。

が、横を見ると、今日すぐにでも食べないといけないような、よく熟したパパイヤが49セントでした。すぐに食べるか冷蔵庫に入れて次の日に食べれば大丈夫です。もし熟れすぎていたら、スムージーにすることができます。

そして、お目当てのマンゴーの方を見ると、いろいろな種類と大きさ、そしてさまざまな値段のマンゴーが並んでいます。りんごに例えるとふじりんごみたいな一般的なヘイデンマンゴーもなぜか1パウンド(約450グラム)$3.99と$1.99の2種類あります。

私:(英語で)$3.99と$1.99のヘイデンマンゴーの違いは何ですか?大きさ?
お店のおじさん:(中国語で)@#$%^&*
私:(英語で)サイズ?
お店のおじさん:(しばらく考えてから英語で)セール
私:(英語で)セール?
お店のおじさん:(英語で)そう、セール中

と、まあわかったようなわからないような。とりあえず$1.99のヘイデンマンゴーを3個買うことにしました。

家に帰って、写真の整理をしていると、店先には何と99セントのマンゴーが?! なにこれ? お店では気づきませんでした。Chiyoさんも気づかなかったそうで「悔しい」と。

近々、リベンジショッピングに行きます!

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)53日目:ホノルル再建への道

都市封鎖53日目:5月14日(木) 感染者数:637人*(前日比0人増) *データ調整が入りました

今日、ホノルル市長から、外出自粛が6月30日まで延長になったこと、そして新たなスローガンの発表がありました。

ホノルル 市の新たなスローガンは、「Hoʻoulu I Honolulu(ホノルル の再建)」です。少し前に、ハワイ州のイゲ知事が発表した「Safer at Home(自宅待機推奨令)」というスローガンよりも少し前進して、都市封鎖解除への意気込みが感じられるような気がします。

ハワイ州の人口一人当たりの新型コロナウイルスの感染率および死亡率は、全米でも最低ということですが、都市封鎖解除に対しては、かなり慎重に取り組んでいます。確かにハワイは太平洋の真ん中の島で、都市封鎖という名のほとんど鎖国に近い対策を取ったおかげで、世界中でもかなり安全な地域になっています。

今後は、再建のために、テニスコートをオープンしたり、10人以下での集まりを許可したり、レストラン再開に際しては屋外歩道の使用を特別に認めたりとさまざまな新しい取り組みが採用されるようです。そして、最終ゴールは、日本からの観光客受け入れでしょうか。まだまだ先は長そうです。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)19日目:夜間外出禁止令

PC: Pali Kaʻaihue, @palizzz

 

都市封鎖19日目:4月10日(金) 感染者数:464人(前日比22人増)

今週末は、キリスト教徒にとっては大切なイースター(復活祭)の三連休です。いつもならイースターには家族揃って教会のミサに参加したり、一緒にランチを食べたりします。そして子供たちは、ゆで卵に絵を描いたり、庭のあちこちに隠された卵を探すゲームに参加します。

 

だんだんと毎日が週末のような状態になってきているので、三連休も関係ないと言えば、関係ないのですが、ホノルル市では大勢の人が一ヶ所に集まることを心配して、今日から3日間、午後11時から次の日の午前5時までの夜間外出禁止令を出しました。レストランもバーも閉店している今、そんな夜中に人は何処に行くのだろうかと思いましたが、ハワイは家族や友人が家に集まることが多いので外出自粛中の今も結構集まっている人がいるそうです。

夜間外出禁止令は、戦時中などに治安がかなり悪い場所で発令されるものばかりと思っていました。今までニュースでは聞いたことのある夜間外出禁止令が、まさか私の住むホノルル市で施行されるとは思いもよりませんでした。

外出禁止と言っても、医療関係者や警察官や消防士といった職種の人の通勤等は許されています。それでも午後11時を過ぎると、心なしか道路を走る車の数が少なく、高層住宅には明かりのついた窓がいつもより多いような気がします。

今週は試験的な夜間外出禁止令のようですが、何となく殺伐とした気持ちにさせられるのは私だけでしょうか。

 

追記:夜間外出禁止令は、そんなに効果が見られなかったせいか、次週からは施行されないことになりました。(2020年4月14日)