ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)58日目:今度は犬の里親

都市封鎖58日目:5月19日(火) 感染者数:641人(前日比1人増)

先月は、ホノルルの動物愛護団体「Hawaiian Humane Society」の緊急ボランティアとして猫の里親をしました。

今日、またHawaiian Humane Societyから電話があり、今回は犬の里親をすることになりました。犬は、毎日の散歩や遊び相手になったりと、猫よりも何十倍も手がかかります。

仕事が忙しいと犬の世話をするのは難しく、もしかしたら今しかないと考え、思い切って犬の里親をやってみることにしました。

PuaとMangoとの相性も気になるところですが、まあ2週間なので、なんとかなるでしょう。

午後、Hawaiian Humane SocietyにCocoを迎えに行きました。Cocoはテリア系の雑種ですが、顔は少しチワワのようにも見えます。1歳1ヶ月のCocoは、それまで飼っていた人が、何らかの事情で飼えなくなって、Hawaiian Humane Societyに連れてこられたそうです。まだまだ仔犬のCocoを手放さなくてはいけないのは、よっぽどの事情があったからでしょう。

Cocoは少し人見知りするようですし、恐怖や不安を感じているのか、ちょくちょく尻尾が足の間に挟み込まれているのが気になります。とりあえず、家に入ってすぐにクンクンと臭いを嗅いで、いきなり玄関でオシッコ。あ〜、ありえない!

自分たちの2倍近く大きい侵入者(犬)に恐れを抱いたPuaとMangoは、ベッドの下に逃げ込んだまま出てきません。

夕方、リビングルームで💩をしているCocoを見つけた時は、私の怒りも心頭に達し、すぐにでもCocoをHawaiian Humane Societyに返しに行こうかと思いました。が、涙ながらに💩を拾いながら「Cocoも悪気があった訳じゃない。外に連れて行かなかった私が悪いんだ」と反省し、これからはとりあえず3時間おきに散歩に出ることにしました。

いや、犬はやっぱり手間がかかりますね。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)56日目:ショッピングモールよりビーチ

都市封鎖56日目:5月17日(日) 感染者数:640人(前日比1人増)

今週末からオアフ島のビーチパークが解禁となりました。今までは、運動する人だけにビーチパークの利用が許可されていましたが、これからは日光浴をしたり、島の西側に沈む夕陽を眺めたりすることもできます。

とはいうものの、以前のように自由にビーチで寝転んで好き勝手なことができる訳ではなく、

  • 帯同者は、家族や同居人のみ
  • 1グループは10人以下
  • 家族や同居人以外の人からは、少なくとも1.8メートル離れてソーシャルディスタンシングを遵守すること

などといろいろな制約もあります。

それでも、オアフ島のビーチは、家族で屋外活動を楽しむ人でごった返したようです。先日再開したショッピングモール が混み合わなかったことを思うと、ハワイの人にとってはお買い物よりもビーチで家族と過ごす時間の方が大切なようです。

出典:Hawaii News Now

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)53日目:ホノルル再建への道

都市封鎖53日目:5月14日(木) 感染者数:637人*(前日比0人増) *データ調整が入りました

今日、ホノルル市長から、外出自粛が6月30日まで延長になったこと、そして新たなスローガンの発表がありました。

ホノルル 市の新たなスローガンは、「Hoʻoulu I Honolulu(ホノルル の再建)」です。少し前に、ハワイ州のイゲ知事が発表した「Safer at Home(自宅待機推奨令)」というスローガンよりも少し前進して、都市封鎖解除への意気込みが感じられるような気がします。

ハワイ州の人口一人当たりの新型コロナウイルスの感染率および死亡率は、全米でも最低ということですが、都市封鎖解除に対しては、かなり慎重に取り組んでいます。確かにハワイは太平洋の真ん中の島で、都市封鎖という名のほとんど鎖国に近い対策を取ったおかげで、世界中でもかなり安全な地域になっています。

今後は、再建のために、テニスコートをオープンしたり、10人以下での集まりを許可したり、レストラン再開に際しては屋外歩道の使用を特別に認めたりとさまざまな新しい取り組みが採用されるようです。そして、最終ゴールは、日本からの観光客受け入れでしょうか。まだまだ先は長そうです。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)52日目:嵐の前の静けさ

都市封鎖52日目:5月13日(水) 感染者数:638人(前日比3人増) 

金曜日からオアフ島のショッピングモールが、マスク着用やソーシャルディスタンシングなどの制限付きでオープンすることになりました。ハワイでは、新型コロナウイルスの新規感染者数が連日一桁台になっているので、これから少しずつ規制緩和が進み、いろいろな場所やサービスがオープンになる予定です。

ショッピングモールの金曜日のオープンを前に、人のいないアラモアナセンターを散歩してみることにしました。実は、ショッピングモールの散歩は、ハワイのシニアに人気のアクティビティです。早朝、ショッピングモールで散歩を終えたシニアたちは、モール内のマクドナルドでコーヒーを飲むのがお決まりだそうです。確かに、ショッピングモールですと雨の日でも歩けますし、道も平坦で迷うこともなくシニアには安心ですよね。

今日のアラモアナセンターは、エスカレーターやエレベーターは止まっていて、立ち入り禁止区域などもあって、どこでも歩けるということではありませんでした。テイクアウトのレストランやクッキー店など、数店がオープンしているだけのショッピングモールの静寂は、現実のアラモアナセンターとは思えないような、超現実的な世界でした。明後日の再オープンの際にはどれほどのお店が再開して、どれほどの人が集まるのでしょうか。ブラックフライデーのような混雑ぶりになるかもしれないので、しばらくは様子を見ようと思います。

ショートビデオはこちらからどうぞ。

 

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)49日目:クレジットカード不正使用とコンピューターのOS入れ替え

都市封鎖49日目:5月10日(日) 感染者数:632人(前日比1人増) 

4月4日にマルウェアが発覚してから、騙し騙しでコンピューターを使っていたのですが、ここ2〜3日で最悪となってきました。見たことのないエクステンションがあったかと思うと、日に日にその数が増えてきました。

今朝6:30amからメールのチェックをしていると、6:45amにクレジット会社から「KA HAWAIHOUTISIYAへのインターナショナルチャージの$13.65が承認されました」というテキストが入ってきました。見たことのない会社名なので、ググってみましたが、該当する会社はひっかかりません。すぐにクレジット会社に電話しましたが、インターネットショップということしかわからないとのこと。すぐにカードをキャンセルしてもらいました。

もしかしたら、何らかの形でコンピューターの情報が漏洩しているのかもしれないと怖くなって、急遽OSをクリーンインストールすることにしました。ソフトウェアの再インストールも考えると、1〜2日の作業となってしまいます。

もしこれが締め切り前の忙しい時に起こっていたら、「ああ、どうしてこんな時に」とキレていたのかもしれません。が、幸いにも今はほとんど仕事もなく、こうやってブログを書いている毎日です。「あ〜、よかった、今で」というのが本音です。

とりあえず、OSと基本的なソフトウェアのインストールは終了したので、明日からは微調整です。ヤレヤレ〜

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)47日目:店頭から消えた物

都市封鎖47日目:5月8日(金) 感染者数:629人(前日比0人増)

2月末、ハワイのドラッグストアの店頭には、ハンドサニタイザーや消毒用アルコールそして除菌スプレーなどもありました。ところが、ところが3月半ばになると、ハンドサニタイザーが姿を消し、除菌スプレーも店頭から姿を消してしまいました。米国疾病予防管理センターが、新型コロナウイルスの除菌にアルコールの使用を勧めてから、消毒用アルコールも全く見かけません。

そして、何よりなくなったのが、トイレットペーパーです。大型ディスカウントショップのコストコ、ドラッグストア、スーパーマーケット、どこを探してもトイレットペーパーがありません。トイレットペーパーは、アメリカ本土から入ってくるのですが、生産は通常に行われていて、本土からの運送もいつもと変わらないとのこと。なのに、なぜか多くの人が、買い溜めをしているようです。たまに店先に並ぶと、すぐになくなります。フェイスブックには、「ハワイ・トイレットペーパー・パトロール」というグループもできて、トイレットペーパーの各店での在庫状況情報の交換をしたりしています。5月に入ってから、たまに店頭で見かけるようになったので、少し安心です。

食料品では、インスタントラーメンやパン、パスタそしてお米が店頭から消えた時もありましたが、少し落ち着くと元に戻ってきたようです。インスタントラーメンやお米がなくなるというのは、アジア系アメリカ人の多いハワイ特有の現象かと思います。

それよりもないのが小麦粉とイーストです。パン屋さんやスーパーには、パンもケーキもクッキーもあるのですが、外出自粛で家にいるせいか、みなさんパンやケーキやクッキーを焼いているようです。アマゾンにも小麦粉とイーストはないようで、全米で不足しているようです。食料品ショッピングに出かける回数が減って、家で作れるものは作ってしまおうということでしょうね。子どもと一緒に作って楽しんでいる家庭も多いようです。

この際、普段の忙しい生活ではなかなかできないことを体験するのもいいことですよね。私も、久しぶりにクッキーでも焼きたいのですが、家には小麦粉がほとんどないので、もう少し辛抱が必要なようです。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)46日目:きゅうりのピクルス

都市封鎖46日目:5月7日(木) 感染者数:629人(前日比3人増)

先月から、何度かドライブスルー式のファーマーズマーケットを利用しています。このファーマーズマーケットでは、最低購入金額が25ドルとなっています。25ドル分の野菜って、結構な量があります。

普段なら買わないような野菜を買ったり、好きな野菜は普段より多めに買ったりしないと、なかなか25ドルには達しません。

そんな訳で、なぜかたくさん買ってしまったキュウリ。サラダに入れるのも飽きてきたので、何かいいレシピはないかとググってみました。外出自粛中で、買い物には行きたくないので、家にあるもので作れる何か。。。となると、結構限られてきます。

 

そこで見つけたのが、「【農家のレシピ】キュウリのピクルス」でした。やはり生産者の方は、野菜をよくご存知なので、レシピもはずれがないですよね。シンプルな材料で、美味しいピクルスができました。市販の甘すぎたり、酸っぱすぎたりすることのない、ピリッとした大人味のピクルスです。サンドイッチと一緒に食べたり、ハンバーガーに入れると美味しいです。

初めて作ったピクルス。今みたいに時間がないと、きっと一生作らなかったかもしれません。こういうのって、怪我の功名っていうのかな? ちょっと違う?

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)44日目:Safer at Home

都市封鎖44日目:5月5日(火) 感染者数:625人(前日比4人増)

そういえば、今日は子供の日。日本と時差があるので、厳密には昨日ですね。ちょうどゴールデンウィークも終盤ですが、今年は世界中の人が自宅で過ごすゴールデンウィークとなってしまいました。ワイキキもゴーストタウンのような状態が続いています。

今日、ハワイ州知事から、今後のスローガンの発表がありました。今までの「Stay at Home」から「Safer at Home」に。

つまりは、厳しい規制の下、これからはビジネスも少しずつオープンして、外出自粛も緩和していきますので、少しなら外出もいいですが、やっぱり自宅滞在が安全ですよってことでしょうか。ホノルル市とハワイ州の都市封鎖は、かなり慌ただしく決行され、あっという間に鎖国状態になりましたが、解除は段階を踏んで少しずつになるのでしょうね。まずは、各島の中で、そして州の中で島々の行き来を自由にする。次は、メインランドからの旅行者の受け入れ、そして最後に日本をはじめとする海外からの旅行者の受け入れになるのではないかと思います。ただ、それまでハワイ州経済がもちこたえることができるのか、そして州民の生活が破綻しないのかが心配です。

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)42日目:家庭菜園

都市封鎖42日目:5月3日(日) 感染者数:620人*(前日比2人増) *データ調整が入りました

外出禁止令が出てから、家庭菜園をする人が増えているそうです。DIY店では、種そして肥料や堆肥が品切れ続出中とか。スーパーマーケットの長い列に並んで野菜を買うくらいなら、裏庭で育てて自給自足しちゃえ! ってことですよね。

ハワイは気温も高いので、夏野菜やハーブは簡単に育てることができます。私も以前一軒家に住んでいた頃は、庭でバジルやトマト、ハワイアンチリペッパーなどを育てながら、鶏も放し飼いにしていました。

 

コンドミニアム住まいの今、なかなかプランターで野菜を育てるわけにもいかないのですが、ちょうど昨日、オアフ島のノースショア産の有機青ネギを買ったので、空き瓶に水を入れて育ててみることにしました。水耕栽培は、根が腐りやすいそうです。でも、上手に育てるとネギ坊主ができるほどに育つとか。これからはネギを買わなくてもいいくらい育てばいいな〜。節約にもなるし。

外出自粛で人と接することが少なくなると、こうやって植物やら動物に目がいくんでしょうか。

 

ハワイ州ホノルル市ロックダウン(都市封鎖)41日目:ファーマーズマーケット

都市封鎖41日目:5月2日(土) 感染者数:620人(前日比1人増)

久しぶりにいつも行くカカアコのファーマーズマーケットに行ってきました。ここは、毎週土曜日午前8時〜正午まで開催されます。

今まではジムの帰りに立ち寄って、一週間分の新鮮な野菜を買っていました。スーパーで買うより安いですし、新鮮なのでレタスなども冷蔵庫の野菜室に入れておけば2〜3週間はもちます。知らない野菜のことを教えてもらったり、どうやって調理するのかなども、栽培している人から直接教えてもらうという楽しみもありました。

 

が、今はすっかり様変わりしてしまいました。密にならないように、テントの中には2人までしか入ることができません。1.8メートルのソーシャルディスタンシングを保ちながら、テントに入るまで地面にチョークで書かれた円の中に立って、長い列に並びます。テントに入ると、野菜などに直接手を触れないように使い捨てのビニール手袋を渡されるか、お店の人がビニール手袋を着用した手でとってくれます。敷地内には、簡易手洗い所もあって、石鹸を使って自由に手を洗うことができます。

という訳で、時間がかかることといったらありません。今日は、各種野菜とサワドーブレッドを買うだけで、なんと1時間30分ほどかかってしまいました。朝とはいえ、炎天下でずっと立ちっぱなしなので結構疲れます。以前なら30分ほどで終わっていた程度のお買い物なんですけどね。

スーパーもそうですが、いろいろと手間や手順があるので、時間がかかります。来週は、ドライブスルーのファーマーズマーケットを利用しようと思います。